【コラム】遅刻って悪いことなのか?~クズの遅刻論~

コラム

遅刻のメカニズム

まあ前の前の章では遅刻のメリットとしてあんなことを書きましたが、やっぱり遅刻する人も遅刻したくて遅刻している訳ではありません。徳川秀忠も田中忠政もそうでしたよね。

最大限の努力はしているのです。

にも関わらず、なぜ遅刻をしてしまうのでしょうか?

私自身を例にして論理的に解説していきたいと思います。

AM11:00に駅(家から自転車で15分かかる)に集合という設定です。

①いいとき

意外なことに10時過ぎにはちゃんと起きてます。

寝ぼけまなこを擦りながら朝飯を食べ終え、10時20分くらいですね。

その後暇なので部屋に戻ってギターを爪弾きます。気づいたら10時40分になってました。

あ〜そろそろ出ないとな〜この曲弾いたら出るか〜と思いつつラストナンバーを弾きます。

その後、夢中になって予定より1曲多く演奏してしまいました。

時計を見ると10時50分です。

遅刻は確定か…と焦りつつどうせ遅れるならと思いもう一曲弾きます。

10時55分。さて、着替えて出るかと思ったら歯を磨いていないことに気づいた。

11時00分、ようやく家を出て、

11時15分に到着。

②わるいとき

10:30 起床、録画したバラエティを見つつ朝飯。

10:45 朝飯食べ終わる友人から「そろそろ家出たか?」とのLINEが来る。「もうすぐ出る」と返信。

10:55 バラエティを見ながら歯を磨く。友人から「着いた」とLINEが来る。

10:59 友人に「もうすぐ着く」とLINEを送信、服を着替える。

11:05 家を出発 友人に「道に迷った」とLINE。当然友人はそんな戯言は信じていない。

11:20 到着。

③最悪なとき

13:30 起床

なぜ遅刻してしまうのか

最後の完全に寝坊パターンは置いといて、最初の2つに共通するのが「時間が無いにも関わらず、他の楽しいことに時間を使っている」ということです。
バラエティを見たりギターを弾いたりは本来やるべきことではないのです。なのにやってしまう。

その欲望を抑えきれないのだ。このパターンは遅刻常習者の中には意外と多いんじゃないでしょうか。

要は自分の感情を制御できてないんですよね。

遅刻癖、どうすれば治る?

ある日、私があまりにも遅刻するため、無情にも1分遅刻につき1000円罰金という措置が取られてしまいました。

友人間でですよ?(笑) さすがに厳しすぎます。

もちろんルールが決まった時はメチャクチャ抵抗しましたよ。でも無駄でした。

ですがその結果、私はなんと一度も遅刻をしなくなりましたそれはそれでキレられましたが(笑)

結局そのルールは2ヶ月ほどで自然消滅してしまったのですが…なんと私はルールが消えたあとでも遅刻をほとんどしなくなったのです

と言うわけで、友人の遅刻癖に悩まされている方はこの方法がおすすめかもしれませんね。

遅刻からの卒業

先程も書きましたが、私は荒療治によってほとんど遅刻をしなくなりました。

遅刻をしないようになって分かったのは

  • 家を早く出ることにより「早起きは三文の得」感を味わえる
  • ちゃんと集合時間に集まると何かいいことをした気分になる
  • ギリギリで行くことが無くなるため、汗だくにならずに済む

いいことずくめじゃないですか!(笑)

ああ集合時間に 来てないと
クズな人と言われそう
でもちゃんと 大事な時には
10分前に着いてます

私は今まではこんなクソ野郎でしたが↑、先日ついに遅刻を卒業しました

突然ですが皆さん。遅刻、やめてみませんか?

  


タイトルとURLをコピーしました