TOEIC、初受験の巻

TOEIC

結構ヤバい…

私は現在大学3年で留年が確定しているのですが、今のところはサボった期間の長さの割になんと1留で済みそうです。

しかしギリギリ1留で済みそうなのです。残りの2年半、単位をあと10個でも落とせば私は2留が確定してしまう。なるだけ単位を取るには、CAP制の範囲外で単位を出来るだけ稼がねばならない


CAP制とは、学生がやたらめったら単位を取って勉強の濃度を落とさないように前期・後期あたりの取れる単位数を大学側が制限した制度。私の学部は24単位が上限。(≒週12コマまで)


そこで有効なのが英語単位認定制度である。これは英検TOEICTOEFLの結果に応じて英語の単位を最大4単位まで与えてくれるというものだ。ウチの学校の英語の必修単位は6、ということは英語は1授業1単位なので6授業である。つまり私は苦痛な授業たちの中でもとりわけ苦痛でしかない英語の授業のうち2/3も出ないで済むのだ。

更にそこで稼いだ4コマ分、時間割が開くので別の授業を取り、留年への保険を増やすことができる


しかし4単位取るために必要な資格はこうである。

  • 英検の場合…1級取得
  • TOEICの場合…800点以上


ご覧のように決して楽ではない。私は高校時代ある程度勉強した上で英検準1級を受験しているが余裕で落ちている(笑)

しかも今回必要なのは準ではなく本物の1級だ。

TOEICはコスパ最強


だがここでこの表をご覧いただきたい。

これは英検とTOEICの点数の換算表である。

一方うちの大学の認定表がこれ。

そう、TOEICのほうがかなりコスパがいいのだ。

例えば、英検を使って4単位を取るなら1級、つまりTOEICでいうなら955点以上を取るレベルの勉強をしなければいけない。だがTOEICを使って4単位を取るなら800点ちょっとを取るレベルの勉強でいいのだ。この差はめちゃくちゃデカい。

しかもTOEICには面接(スピーキング)が無い。これもかなり大きなアドバンテージである。

さらにさらにTOEICはなんと年に10回も試験があるのだ!!英検は年3回である。

それに受験料もTOEICのほうが1000-2000円くらい安い。 もはやTOEICを選択しない理由など無い。

そういうわけで私は英語の授業を免除すべく、なにより最悪の事態2留を回避すべく、TOEICを受験することにした。

とりあえず来月受けてみます

そういうわけで私は早速10月にTOEICを受験することを決め、先日コンビニで願書を提出してきた。

私はTOEICを一度も受験したことがないので、とりあえずまっさらな状態で過去問を解いてみようと思いネットから印刷しようとしたのだが、なんとTOEICは過去問を公開していないらしい。

理由は問題難易度の均衡化を図るべく、問題を使いまわしているからだそうだ。まあ年10回もやってりゃ毎回問題を1から作るのもコストがかかるしね。

そういうわけで公式模試問題集(実質的な過去問代わり)を購入したので、一度そちらをまっさらな状態で解いてから点数をこちらのブログで報告したいと思う。

そこから10月の本試験までにどれだけ点数が上がるのか、ぜひお楽しみに!!(笑)


タイトルとURLをコピーしました